女性がネットワークエンジニアをする強み

世界ではIT技術が無くてはならない技術だと言っても過言ではないでしょう。
そのため、ネットワーク構築・設計・運用の出来るネットワークエンジニアは需要が大いにありますが、現状は慢性的な人手不足です。

仕事内容としては、ネットワークインフラを作ったり、運用をする事が中心となりますが、クライアントの要望もその中に入れなければなりません。
ネットワークエンジニアは、男性が中心の社会と考えるかもしれませんが、女性でもネットワークエンジニアをしている方は居ます。
ITのエンジニアは、パソコンの前で一人で作業をしなければならない訳ではありません。
クライアントの要望を自ら聞かなければならないですし、他のスタッフと調整をしなければならないので、実際はコミュニケーション力が重要になってくるのです。
そのため、人と接する事が苦にならない人でなければなりません。
忙しい場合は、休日出勤や残業をやる必要が出て来るでしょう。
女性でネットワークエンジニアをするのでしたら、このようなハードルを乗り越える必要が出てきます。

ただ、男性では見えない視点からの提案をする事が出来るのが、女性のエンジニアの強みと言えるでしょう。
男性が多い分、女性ならではの視点からの提案やアイディアはユニークな物が出て来る事が多いという特徴があります。
だから女性も十分通用する職業と言えるでしょう。
ただし体力の部分では自信がある人で無ければ難しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です